ゆっくりと流れる時間を大切にした隠れ家

店内は、4人かけテーブル席2つと4席のカウンターを配置した小人数むけの間取りでゆったりとくつろげ、明るく木の温もりがあふれた雰囲気。場所柄、医師の方のご利用が多く、同僚との会食や仕事の接待、ご友人とのワイン会、ご家族のお祝い事などさまざまな用途でご利用いただくことができます。団子坂上のビル4階に構える店舗は、まるで隠れ家のようでありながら、正統派の京料理を肩肘張らずに味わえると好評いただいております。

丁寧な仕事の料理を、目と舌で愛でる

お出しする料理は、四季折々の旬な食材を使ったコース料理になります。ですので、固定のお品書きはなく、その日旬の厳選された食材を仕入れて、ご予約いただいたお客様に合わせてご提供させていただいております。

素材そのものの良さを活かしつつ、手間暇かけて丹念に作った出汁で、さらに素材を存分に引き立てるような味わいと食感、芳醇な香り、そして目でも楽しんでいただけるような盛り付けを心掛けています。

五感を奮わせ、贅沢な時間を・・・時間をたっぷり作ってきてください。

お出しする料理は、お客様が過ごす時間のための「おもてなし」のひとつです。「京料理 江森」にいらしたら、料理を召し上がりながら、時間を贅沢に使ってほしいと思っています。

皆さまが一般的に過ごされる料亭とくらべると料理の提供に時間をかけています。
たっぷりと時間を用意してきてください。お急ぎの方は時間のある時にお見えください。

料理を堪能しながら、ゆっくりとした時間を過ごす…そんなかけがえのないひとときが、お客様のいつもの日常の彩りとなれることを願っています。

未来へ受け継ぐ、日本料理の神髄、大切な食育

同ビル1~3階にある「カマレイインターナショナルスクール」。
ここで情操教育の一環として取り入れているのが、
通園している子供たちのランチも「京料理 江森」の味。

幼少期の体験は、人格形成の礎となります。
幼い段階から真の和食の味を知ることは、これからの未来を担う子どもたちの味覚と感性を育みます。国際色が豊かになる現代だからこそ、守り受け継ぎたい日本料理。子どもたちが一皿の中に包まれた日本の四季を五感で感じ、
日本人として真の伝統を継承していくことを願っています。

体調を崩して、浅草のお店を締めましたが、ご縁あって同じビルの「カマレイインターナショナルスクール」のランチ作りも務めています。現在の日本は、海外との交流も当たり前となり、外国人観光客も増えているからこそ、日本の味、和食を日本人がしっかりと知らなければならないと感じています。

日本人であるからこそ、真の日本料理を知ってほしい、そういった思いで、子どもたちにも本格出汁、しっかりとつけ置きした炊き立てのごはんを使った料理を提供しています。幼少期の体験は、大人になっても強烈な印象として残ります。小さなうちから本物の味を知り、本物と本質を見抜く力を養うことは重要だと思っています。

店主 ・ 江森弘之 (えもり ひろゆき)
お料理のこだわり
コース料理
お飲み物